同音異義語、いい加減にしてほしい。秋葉原心療内科コラム

秋葉原心療内科秘密コラム「同音異義語、いい加減にしてほしい」

こんにちは。ゆうきゆうです。

◆ 同音異義語、いい加減にしてほしい。

さて自分は仕事柄、文字をものすごく打ち込むわけですが。

ただ日本語では、「同音異義語」というものが存在します。
文字通り、「ひらがなにすると同じだけど、意味は違う」という言葉です。

代表的なものが「おこる」。
「怒る」と「起こる」という二つがあります。

そのため、「怒った」といいたいときに「起こった」と変換されてしまうこともあります。これ、変換ボタンを何回か押して、どっちが確かめなければいけないので、ものすごく時間のロスです。

こっちは極端「画面をまったく見ないで打ち込んでも成立する」レベルにしたいのです。

よって「怒る」は「いかる」として必ず打ち込むことにしています。
逆に「起こる」は「おこる」として打ち込むことで差別化を行っています。

これでまず「怒る」「起こる」問題は解決しました。

◆ 時間こそ重要では。

他にもややこしいのが「字」と「時」

たとえば「6時」など書きたいときに「6字」と出ると、ものすごく「あああっ!」となります。

「字」! おいお前!
お前、我々が文字数なんてそんなに気にすると思うか!
「時間」という悠久たる概念に比べて、どれだけ自分が小さいか分かってんのか!

さらにお前、「文字(もじ)」という表現もあるよな!?
「6もじ」とかでだけ変換で出ればいいだろ! 「文」という保護者がいないときにまで出てくんじゃないよ! 迷子の子供か!

しかも「6時」とか言ったら「時間」に決まってるだろうが!
「6字」なんて表現することあると思うのか!
国語や小論文の問題だとしても「500字」とか「1000字」とかじゃないんか!

時間の表現なんて、せいぜい「0~24」までしかないんだぞ!

「1じ」とか「2じ」とか言ったら、もう時間のことに決まってるだろうが!

「登場人物の心境を2字で答えよ」みたいな問題、そうそうあると思ってんのか!

「大変」とかしか答え書けないわ!

それに「0字」とかにまで出てくんじゃないよ! それもう無言だろ無言!

………はぁ、はぁ。
ちょっと興奮のあまり取り乱して失礼いたしました。

とにかく対策として、「怒る」⇒「いかる」と同じように、「字」は「あざな」で打ち込むことにしています。

100字⇒100あざな

みたいな感じですね。
「あざな」は打ち込みが多くて面倒ですが、そもそも「字」が出てくることがレアなのでそんなに問題ではありません。

逆に字を打ち込むことが多すぎる字マニアの方は、逆に「時」を「とき」として打ち込んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに「あざな」「とき」を両方使用して完全に差別化した場合、空白地帯となった「じ」の変換で「痔」とかも出てくるので油断大敵です。

5痔。多すぎ。一つでも大変だろうに。

◆ 日本一出てくる同音異義語。

ちなみに同音異義語で、おそらく日本で最多に登場する言葉があります。

おそらくカンのいい方なら、何か分かるはずです。
そう。

「言った」と「行った」。

これたぶん日本最多。
ものすごく面倒です。

いやホント、日本語ができた歴史の中で、こうしてパソコンで打ち込むとか、想定外だったんでしょうね。歴史的には、当然、全部手書き入力ですから。

本当に、ここまで想定して日本語作ってほしかった。

この場合、よく使われる「王道」の方は「言った」です。
小説やマンガなどで、しゃべることがどれだけ出てくるか。

そのたびに出てくる「行った」。

行った「え、オレ? 呼んだ?」

呼んでない。「字」と同じくらい呼んでない。

そんなに頻繁に行くところあるのか。外出することなんて普通、一日一回程度だろと。
すなわち一日一回しか使われないレベルだろと。一回しゃべるたびに出てくるんじゃないよと。

「行った」をすべて「おこなった」で入力すれば良いのですが、ここまで来るとさすがに面倒くさい。文字数増えすぎです。
「おこった」⇒「いかった」なら、「おこった」と文字数は変わらないのでOKですが、
「いった」⇒「おこなった」はもう長すぎ。行いたくない。

よってもうこれ、ユーザーサイドで対策できる範囲を超えていると思うのです。
これを変えるには、言葉そのものを変えるしかない。

そのためには、僕たち一人一人が、別の言い方をするしかない。
日本人全体が別の言葉を使い始めれば、もうそれこそが新しい「日本語」なので、辞書はもちろん、変換システムにも登録されると思います。

提唱したいのは「行った」を「ゴった」と読むこと。

ゴった!
カッコいい!

カッコいいか分かりませんが勢いだけは伝わります。
英語の「GO」から考えましたが、「行(こう)」とも読むので遠くはないかなと。

とにかく「行った」は「ゴった」と言うことにしましょう。

動詞の活用として

ゴかない(未然)
ゴきます(連用)
ゴく(終止)
ゴくとき(連体)
ゴけば(仮定)
ゴけ(命令)

などもありますが、たぶんそこまでやると面倒ですし、「行った」以外は同音異義語でもないので、変えるのは「ゴった」だけで良いと思います。

「いく」が過去形になった瞬間だけ「ゴった」。

日本語を学習しようとしている外国人が知ったら「ホワイ、ジャパニーズピープル!」とか怒り出すと思います。
ただ外国語での「行く」は

go went gone

とかいうありえない変換法則をしてるので文句は言わせません。
何がwentだと。goedでいいだろと。
「GODとややこしくて不謹慎だ」とか
「EDに向かうみたいでイヤだ」とかツッコミが入ったのでやむなく変えたのでしょうか。「ホワイ、イングリッシュピープル!」とか叫びたい。
何にせよ「行く」⇒「ゴった」の方がどれだけマシか。

何にせよ、みんなでそれを言い続ければ、「ごった」入力で「行った」が出るようになると思います。その日まで頑張りましょう。

一点心配として、「ごった煮」という言葉を打ち込みたいときに「行った煮」になってややこしいですが、そもそも「ごった煮」と打つことはレアなので目をつぶっていただければ幸いです。

もちろん「ウチは困るよ! ウチは『ごった煮専門店』なんだから!」という経営者の方もいるかもしれません。
ただ日本人口におけるごった煮専門店の数(たぶん全国で多くて10店舗)を考えると、人口比率的に涙を呑んでいただければ幸いです。

というわけで変換で悩まれてる方、ぜひ参考になれば幸いです。

どうでもいい主張をしつつ、そろそろ仕事にゴってきます。

(完)

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ゆうメンタルクリニック秋葉原院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


受付予約

必須 初診・再診
必須 対象院

ご予約、お問い合わせを行いたい院をお選びください。

上野院渋谷院秋葉原院品川院銀座新橋院横浜院

新宿院のご予約はこちら

池袋院のご予約はこちら

必須 ご希望日
※選択できない日は休診です
必須 ご希望時間
必須 お名前
任意 ふりがな
必須 メールアドレス
任意 お電話番号
診察券番号(再診の方へ)
必須

(生年月日)
任意 希望医師(再診の方へ)
※初診の方は承っておりません


※ご希望医師が当日勤務の場合のみ承れます。
ただ不在の場合は、承ることはできません。
その場合も、ご連絡はできません。
任意 お悩みについて
残文字数: 250

docomo、au、softbank など各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メー ルが正しく届かないことがございます。

【代表的な携帯キャリアのメールアドレス】
@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@au.com、@softbank.ne.jp、@i.softbank.jp

お問い合わせへの返答にお時間がかかる場合もあります。
二日以内に返信がない場合はメールの不達が考えられます。
大変お手数ですが、お急ぎの場合にはお電話でお問い合わせください。