セクハラは病気!?~マンガで分かる心療内科in秋葉原

秋葉原心療内科ゆうメンタルクリニックコラム

セクハラは病気!?

さて「セクハラ」の話は、定期的にニュースになります。
この有名人がこう言った、この芸能人がこんなことを言ったなどなど…。

もちろんニュースだけでなく、誰にとっても身近に起こりえる話題でしょう。

実際、セクハラは「男性⇒女性」だけでなく、「女性⇒男性」という場合もありますし、また同性同士でも起こることです。

特に

「あなたは今まで、一度もセクハラをしなかったという自信がありますか?」
「誰にとっても性的にイヤに感じることをしませんでしたか?」

と聞いたら、

「はい! 一度も! 絶対にセクハラと取られる行為はしていません!」

と断言できる人は、かなりレアだと思います。
いたとしたら、絶対そういう人の方が、してる危険が高そうです。

もちろん、激しく意図的なセクハラもあるかもしれませんが、それこそ
「そんなつもりはなかった」
「意図してたわけではなかった」
という事例も多くを占めるのではないでしょうか。

さて、何にせよこのセクハラ。
いったい、なぜ起こるのでしょうか?

実は心理学では、その答えは明確に出ています。
アメリカのサウス・ダコタ大学の心理学者ウィリアム・ウュウェインルの調査によると、

「人の心が読めない人間ほどセクハラをしやすい」

のだそうです。
これ、結構衝撃的な話だと思うのですが、いかがでしょうか。

◆ セクハラを防ぐ方法。

実際、世の中でセクハラのニュースや話が出るたびに、

「えっ!? セクハラがあったの!? ひどい!」
「セクハラした人間はダメだ! 許せない!」

くらいで終わってしまいます。

じゃあ、再発を防ぐには、どうしたらいいのか。
すべての人が、どんなことに気をつけていけばいいのか。

そんな話にはほとんどなりません。

その「答え」であり「解決法」こそが、この話なのではないかなと考えるのです。

セクハラをする人は、「人の心が読めない」。
これは本当に単刀直入に真実をついています。

そもそも「人の心が読めない」から、その発言によって相手がどう感じているか分からず、セクハラ的な発言をしてしまう。
また相手がネガティブに感じていても、それが「読めない」から、さらにセクハラになる発言を繰り返してしまう…というわけです。

もちろん人間心理はオール・オア・ナッシングではないので、
「心を読めない度合いが強い」人ほど、セクハラと言われる機会も増えるというわけです。

さてこれ、そうなると、結構難しい問題になってきます。

精神医学的には、「人の心を読めるかどうか」というのには、実はかなり生まれつきの問題もあります。
いわゆる「発達障害」と言われる方は、人の表情や心情を読むのを苦手とされます。

そのため、それこそ「相手も楽しんでいる」と思って発言してしまう可能性もあります。

これは男女問わず生じます。

であれば、どうすれば改善するのか。

「心を読めるようになれ!」

というのがシンプルな解決策になりますが、もちろんそれ、一朝一夕ではいきません。

特に「人の心が読めない」という場合、そもそもセクハラがニュースや話題になっても
「自分自身の行為がセクハラになっている」
とは思いもしないわけですから、
「自分は無関係」
と考えて、行動に活かしたりすることはありません。

◆ 概念よりも、行動で。

強いて心理学的に対策を考えるなら、とにかく「行動へのフィードバック」を与えることです。
「人の心を読めるようになれ!」とか
「相手がイヤがることをするな!」とか、増してや
「セクハラをやめよう!」
という「理解しづらいアバウトな言い方」ではなく、たとえば相手の発言にたいして

「その言い方はイヤなので、やめてもらえますか?」

など明確に発言・行動を注意することです。

もちろん直接言いづらいなら、注意できる立場の人に相談してもいいかもしれません。
(重ねて男女ともに起こし得る問題なので、誰でも注意しておきましょう)

また「言いづらい」という方は、相手の発言をそのまま繰り返すのも手。

「恋人いるの?」なら、
「『恋人いるの?』ですか…」

など言えば、鏡のように自分の発言を繰り返されることで、ちょっと意識させる働きもあります。覚えておきましょう。

何にせよ重要なのは、
「セクハラをするのはダメだ!」
で終わらせてしまうのではなく、
「それは生まれつきのものが関わる可能性もある」
ということを知っておくことです。
もちろんこれは、あらゆる「ハラスメント」についても言える可能性があるので、覚えておくといいかもしれません。

○ 今回のまとめ

○ セクハラは「心が読めない」ことで起こる。

○ よって大切なのは「行動」そのもので注意すること。

というわけで、いかがでしたでしょうか。
ちなみに自分自身、この知識を知って
「そうか、心が読めないというのは、あまり良くないことなんだな」
と思い、それから人の心を見抜く系の知識をたくさん学びました。

そしてとにかく相手を観察し、ある程度、感じていることを読めるようになりました。

あるとき、話していた人がモジモジしていたので、こう言いました。

「もしかして、トイレ行きたいですか?」

結果的に正解でしたが、微妙な空気になりました。

読み過ぎるのもそれはそれで問題だと感じつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

シェアする