怖い話「アイドルと匿名掲示板」~マンガで分かる心療内科in秋葉原

秋葉原心療内科ゆうメンタルクリニックコラム

怖い話「アイドルと匿名掲示板」

あるアイドルさんの話です。
名前を「アミさん」とします。
それなりに人気があり、ある程度ファンも多い彼女には一つだけ悩みがありました。
それがネットの匿名掲示板にある、彼女のスレッド。
内容は、

名無しちゃん ID 8ww37vienna
アミ、よくあんな顔して生きてられるね

名無しちゃん ID pixi9389ne98
そこまで言うほどか?

名無しちゃん ID 8ww37vienna
本人発見wwww
死ねよブサイクwww

名無しちゃん ID 8ww37vienna
ほんと早く消えろよブスのアミ

などの悪口でした。
書き込んだ人それぞれに、一日ごとに特定のIDが表示される掲示板でしたが、もちろんそれだけでは誰が書いたか分かりませんでした。

ある日には

名無しちゃん ID 8pixltosn
▲日に、アミが男と歩いてたの見た

などもありました。
実際、彼女には恋人がおり、確かにその日付、彼と歩いていました。

彼に相談すると非常に憤慨し
「何があっても俺が守る」
「そんなにつらいなら、仕事やめて俺と一緒になろう」と慰めてくれました。
とても心強く思い、彼と話すたびに、心安らぐ自分に気づきました。

ただ、日に日にひどくなる書き込みに、彼女は少しずつプレッシャーを感じていました。
一度彼と共に警察に相談にも行きましたが、その書き込みだけでは動いてはくれませんでした。

心労がたたって、彼女はある日、仕事を休んでしまいました。
恋人に相談すると、彼は優しく、「今日はうちに泊まりにくればいい」と言ってくれました。
彼女は疲れていたため、彼の家に向かいました。
あたたかく微笑んでくれる彼。彼女はつらい現実を忘れて彼と過ごしました。

しかし、彼女がシャワーを浴びた後のこと。
入れ替わりに彼が浴室に入った際、部屋で一人になった彼女は、つい掲示板のことが気になってしまいます。
仕事を休んでしまったことで、批判がさらに増えていたらどうしよう。
いやもしくは、満足してもう書き込まなくなっているのだろうか。
そう思う彼女は、彼の部屋にあったパソコンを開きました。

そこには、今まで以上の悪口がありました。

名無しちゃん ID 8stcijle
仕事休むなんて最低だな

名無しちゃん ID 8stcijle
いつでも見てるぞ、アミ

名無しちゃん ID 8stcijle
今日は男の家かもなwww

言葉の一つ一つに、気分が悪くなります。
あまりの恐怖と怒りに、そのパソコンから、書き込んでしまいました。

「いい加減にして! 誰なの、あなた!?」

画面に表示された文字を見て、彼女の背筋が凍りました。

名無しちゃん ID 8stcijle
今日は男の家かもなwww

名無しちゃん ID 8stcijle
いい加減にして! 誰なの、あなた!?

(終)

結論
相談する人が一人だけだと色々とハードな状況になるので、複数相談できる人は持った方がいいでしょう。
相談できる方がいない方はメンタルへ!

そんなこんなで、読んでくださって本当にありがとうございました。

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。