「足ツボボールの擬人化」秋葉原心療内科ゆうメンタルクリニック秘密コラム

秋葉原心療内科ゆうメンタルクリニック秘密コラム「足ツボボールの擬人化」

ゆうきゆうです。こんにちは。

あなたは、このアイテムをご存じでしょうか。

はい。
「足ふみボール」です。

商品名は「スッキリボール」と言いますが、まぁ、商品名は何でもOKです。
自分自身、スタンディングデスクを使っていまして。

すなわち常に立って仕事をしています。

すると、足のウラが、手持ちぶさたになるんです。足なのに手持ち無沙汰になるんです。
そのため、足で何かを踏んだりします。

青竹踏みとか、パイプとか、色々なものを試してみたのですが、なかなかしっくり来ません。

そんな中、このスッキリボールを見つけました。

これを、こうして踏みます。

もちろん仕事中は靴下をはいていますが、分かりやすさのために脱ぎました。脱ぐ意味は大してなかったと思います。

これ、適度な硬さと柔らかさがあって、踏んでいて快感です。

仕事をしながら足ツボマッサージをしているような感じです。

今はこのボールなしでは生きていられないレベルです。

ここで心理学的には、人間、「相手の立場になってイメージすることが大切である」とされています。

よってこの、大好きな足ツボボールの立場になるために、この足ツボボールを擬人化してみたいと思います。

もちろん女性です。
これが男性なんてそんな。

そして、こう!

………。

………………。

精神科医ゆうきゆうは、自分自身に診察が必要だと思っています。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。