痴漢は実は精神病!? 窃触障害~マンガで分かる心療内科

マンガで分かる心療内科in秋葉原

「痴漢は実は精神病!?~窃触障害」

ソウ

ソウ

マンガ
ゆうきゆう

ゆうきゆう

脚本・監督
@sinrinet

解説

というわけいかがでしたでしょうか。
話をまとめますと

● 「窃触障害」という病気がある。

● 症状は「同意していない人に触ったりする・体をこすりつけたりする」である。

という話でした。

すなわち「窃触症」「摩擦症」という二つの病名が「合体した」わけですね。
細かい区別にそんなに意味はないと気づいたのでしょうか。

これ「痴漢」と書いてますが、逆バージョンの「痴女」も一緒です。言うまでもないんですが。とはいえ性嗜好異常全般について言えるのですが、もちろん男性の方が多いです。これも言うまでもないんですが。

また精神疾患の多くは「症」⇒「障害」と呼び名が変わっていますが、この窃触症も例に漏れず、「窃触障害」と変わっています。

言うまでもなく「せっしょくしょう」で変換しても「せっしょくしょうがい」で変換しても、一般的なパソコンでは決して変換できませんのでご了承ください。

またその流れで「露出症」⇒「露出障害」 「窃視症」⇒「窃視障害」というように名称が変わっております。
ただこれに関しては「露出症」「窃視症」という呼び名が定着しているため(このマンガの中だけで)、基本は露出症・窃視症を使わせていただこうと考えております。

ちなみに「性嗜好異常」については、なかなか精神科にかかる方は少ないものです。

特にたとえば「フェティシズム」や「サディズム」「マゾヒズム」などでかかる方はいません。
日常生活で困難を抱くことはほとんどないからです。

しかしそんな中でも「露出症」や、この「窃触障害」は、治療を希望される方が意外におります。やはり「警察沙汰」になる話なので、本人も強く困ることも多いようです。
誰しも特殊な性的な色々を持っているものですが、人に迷惑をかけない方向で、現実に適した形で実行できるように頑張りましょう。

「それができたら苦労しない」という声をギンギン感じつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ゆうメンタルクリニック秋葉原院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


受付予約

必須 初診・再診
必須 対象院

ご予約、お問い合わせを行いたい院をお選びください。

上野院渋谷院秋葉原院品川院銀座新橋院横浜院

新宿院のご予約はこちら

池袋院のご予約はこちら

必須 ご希望日
※選択できない日は休診です
必須 ご希望時間
必須 お名前
任意 ふりがな
必須 メールアドレス
任意 お電話番号
診察券番号(再診の方へ)
必須

(生年月日)
任意 希望医師(再診の方へ)
※初診の方は承っておりません


※ご希望医師が当日勤務の場合のみ承れます。
ただ不在の場合は、承ることはできません。
その場合も、ご連絡はできません。
任意 お悩みについて
残文字数: 250

docomo、au、softbank など各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メー ルが正しく届かないことがございます。

【代表的な携帯キャリアのメールアドレス】
@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@au.com、@softbank.ne.jp、@i.softbank.jp

お問い合わせへの返答にお時間がかかる場合もあります。
二日以内に返信がない場合はメールの不達が考えられます。
大変お手数ですが、お急ぎの場合にはお電話でお問い合わせください。