【ジョジョとカイジに学ぶ「質問に答えるべきか?」という問い】秋葉原心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム

秋葉原心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム

「ジョジョとカイジに学ぶ「質問に答えるべきか?」という問い」

◆ 「ジョジョ」の質問と、カイジの「質問」。

あなたは「ジョジョの奇妙な冒険」というマンガをご存じでしょうか。

スタンドと言われる超能力を駆使して戦うマンガなのですが、その中にこんなセリフが出てきます。

(c)集英社・荒木飛呂彦

「質問を質問で返すなよ……」

「質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ」

「質問を質問で返すなあーっ!」

このセリフ、このマンガにおいて何度も出てきますので、多くの少年たちに刻み込まれていると思います。
まとめますと、「質問を質問で返してはいけない」。

すなわち「質問を言われたら、何より先に、きちんと答えなさい」ということになります。

さてこの「質問」に関して、思い出すマンガがあります。

それこそが「カイジ」というマンガ。

主人公であるカイジが、ギャンブルを通して、色々な敵と戦っていくマンガです。

この中でカイジは、敵である「利根川」にたいして、ギャンブルで負けたらどうなるかについての説明を求めます。

すると、利根川はこう言います。

(c)講談社・福本伸行
「質問すれば答えが返ってくるのが当たり前か…?」


「世間というものは、肝心なことは何一つ答えたりしない」


「大人は質問に答えたりしない」
「おまえたちはその基本をはきちがえているから、今朽ち果ててこんな船にいるのだ」

すなわち、質問をしたからといって答えてもらえると思うのは「浅はか」であり。
それこそ「先生に質問をしたら必ず答えてもらえる」と思う「子供」の発想だと言うのです。

この二つの考え方、かなりに「真逆」だと思うのですが、果たして正解はどちらなのでしょうか。

質問には、答えるべきなのでしょうか? 答えるべきではないのでしょうか?

答えはシンプルです。

あなたが精神的に健康でいたいのなら、

「質問には必ず答える」ではなく、

「大人は質問に答えたりしない」

という考え方を取った方がいいのです。

◆ 質問をしましょう。

ここで、あなたに聞きましょう。

質問1 「あなたの悪いところは、どんなところですか?」

さらに聞きましょう。

質問2 「あなたのつらかった思い出は、どんなことですか?」

もっと聞きましょう。

質問3「あなたは、なぜそこまでして、生きているんですか?」

………いかがでしょうか。
おそらく色々な考えが湧き上がったと思います。

◆ 別の質問。

では、こう聞かれたらどうでしょうか?

質問1 「あなたのいいところは、どんなところですか?」

さらに聞きましょう。

質問2 「あなたの楽しかった思い出は、どんなことですか?」

もっと聞きましょう。

質問3 「今日、こうして生きているだけで、価値がありますよね?」

いかがでしたでしょうか。

最初の質問3つは「暗くさせる質問」。

「悪いところ」や「つらかった思い出」なんて、考えるだけで気持ちは落ち込みます。

さらに「なぜそこまでして生きているか?」なんて聞かれたら、答えるだけでもつらいですし、答えを思い付いたとしても、「え、そんな程度で?」などのツッコミが来たら、さらにネガティブな気持ちになります。
逆に、あとの質問3つは「明るくさせる質問」。

「いいところ」や「楽しかった思い出」は、考えるだけであたたかな気持ちになります。
3つめは誘導のようですが、「そうだよな…」と思える質問のはずです。
もちろんアマノジャクに答えたくなる方もいるかもしれませんが、それにしても、質問に「誘導」されるのは確かではないでしょうか。

結局のところ、「質問」の時点で、ほぼすべての方向性が決まってしまうのです。

◆ 質問は、答えを強制する。

そういえば昔、ある宗教団体さんが、信者を獲得されるための「広告ハガキ」として、こんな文面を出したことがあります。

————————————————
当団体の教祖である★★★★が、ブッダの生まれ変わりであることを、知っていますか?

 A…知っていた  B…いま知った
————————————————

どっちにしても決まっている二択。

というか何にせよ「事実だと知る」という前提は変わらないという。

普通「知っていた」の逆だったら、こうじゃないかと。

————————————————
当団体の教祖である★★★★が、ブッダの生まれ変わりであることを、知っていますか?

 A…知っていた  B…知らなかった
————————————————
………いや、でもこれにしても違和感は残ります。

たとえ「知らなかった」を選んだとしても、これでは「事実であり、それを知
らない」ということになってしまいます。
今のは二択なのでさらに限定されていましたが、何にせよ、質問が来ると、人は必死に答えを探してしまうものです。

1+1は?

と聞かれて、答えないのは非常に難しいことです。

そう。
質問には「強制力」があるのです。

誰からの質問でも同じ。

あなたの「自問自答」であっても同じです。

これは逆に言えば、「それが悪い質問であったとしても、同様に強制力を持っ
てしまう」ということ。

さらに言うなら「悪い質問であったら、悪い答えを引き出してしまう」という
ことです。
だから。

あなたの人生において、何かの質問をされても「答えなくてもいい」というこ
とを覚えておいてください。

「大人は質問に答えない」。

真実です。

もちろん責務として答えるべき質問はあるかもしれませんが、「どんな質問に
も無条件に答える」のは間違い。

重ねて質問の時点で、一種の強制なのです。

すなわち

「他人の質問にまどわされず、誘導されず、自分の考えをしっかり決められる」

というのが、成長した大人です。

ですので、たとえばあなたの中に「なぜ生きてるんだ!?」と問いかけたくなったときは、答えを探すのではなく、

「なぜかなんて、考えなくていい! そうだ、今日はどんな楽しいコトをしよう?」

とあらためて問いかけてみてください。

◆ 答えよりも大切なのは。

人生は問いの連続です。

答えを見つけようとすること、そのこと自体は悪いことではありません。

でも、「間違った質問」だってあるのです。

答えを見つけるより、ずっとずっと大切なのは、「幸せな質問」をすることです。

あなたは、どんな質問を、問いかけますか?

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(※今回のコラムで、紹介のためマンガの一部の画像を引用しております)

「マンガで分かる心療内科」、バックナンバーはこちらです。↓