【秋葉原心療内科】「手塚治虫の学習マンガが、お色気すぎる」byゆうメンタルクリニック

秋葉原心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム

「手塚治虫の学習マンガが、お色気すぎる」

さてあなたは、「世界の歴史」という学習マンガをご存じでしょうか。

かなり昔に出ていたマンガで、現在は廃刊になっています。

出版社さんである「中央公論社」さんも、現在は存在していません。

この学習マンガ、ムダにお色気いっぱいなのです。

今だとホント、考えられないレベルです。

とりあえず、まず一巻の表紙を見てみましょう。

一巻は「古代エジプト」です。

………。

色っぽいですね。

ムダにグラマラスなお姉さんがでてきてますね。

でもやはり、表紙だからでしょうか。不自然に弓矢によって隠れてます。肝心な部分が。

さてこのマンガ、最初から見てみましょう。

クフ王ほか、登場人物が紹介されています。

………んっ?

あれっ。

なんかどこかで見たような。
かの巨匠のマンガによく出てくるようなキャラクタがいますね。

そう!

手塚治虫先生です!

この学習マンガは、手塚治虫先生が監修されているのです!

そしてこの「監修のことば」には、こうあります。

「普通の人間が主人公で活躍するというドラマを通して、歴史的な事実を描いてみました」

そうです。

このマンガ、実在の偉人についてはそんなに描かれず、その数倍、「架空の普通の人」が描かれます。

確かにイキイキとしたドラマはあるんですが、肝心な歴史のパートについては、そんなに頭に入ってこないのがポイントです。

そしてそもそも、

案内役からして、宇宙人です。

さて、とにかくマンガを見て見ましょう。

「紀元前1200万年………」

そこからかよ!

本気でそうツッこみたくなります。

世界史というより、もう人間が産まれる前から描いちゃってます。

それを観察した宇宙人たちはこう言います。

「前に見た星なんて、進化がメチャクチャ」

それ、いるのかな!?

そのドラマ、いるのかな!?

心からそう思います。

まぁ、そもそも、進化は進化なので「何をもってムチャクチャな進化か」というのは、非常に定義が難しいと思うのですが。

まぁそれはそれとして、先に進めます。

さぁ、人間がついに出てきますよ!

もう登場と共に、オープンすぎます。

本筋の歴史とは、ほっとんど関係ないですからね。このあたり。

この女性は「デメト」という名前。
古代エジプトにいた一般人です。

彼女は村で一番強い男と勝負します。

さぁ、勝負はどうなるか!?

お色気でカタがつきました。

いやだから、この描写、歴史そのものとほんと関係ないですからね。

ちなみにこの巻で、一応歴史的に何のイベントを語りたいかというと、「クフ王のピラミッド建設」です。

一応は。

そういえば後ろにピラミッドがありましたね!

しかしピラミッドそのものについては、あまり触れられません。

そして、この左下の「セクメテップ」が、ピラミッドの建設を指揮する男なのですが。

彼はその流れで、「クフ王が死んだあとにいかに復活させるか」という研究を行い、そのために、
「死んだ人間ではなく、生きている人間の内臓を見たい」
と思い始めます。

いや、うん。

まぁ、分からないでもないんですが。

さぁそんなとき、王妃であるネフェル(右下の女性)が、事故にあってしまいます。

それで!?

彼女を解剖することにしたのです。

………いやいや、この描写、いるかな!?

「私のからだはあなたのもの…」

とか、そういうセリフも必然性がイマイチ分かりませんし。

何か、一段マニアックな、お色気展開です。

まぁ結局、クフ王はもちろん復活させられず、普通に埋葬されて終わりなんですが。

ちなみに

このセンターの男性は、先ほどの「デメト」と相思相愛でしたが結ばれず、

結局、宇宙人が「デメト」のクローン人間を作って結ばせてあげる

という、超展開になっています。(すなわち倒れてるのはクローンです)

それホント、いる!? どうなのそれ!?

ちなみに「クローン人間には生殖能力がないから心配ない」のだそうです。

もう心配の基準が色々と分からない。

さぁ、そんなこんなで、1巻を読み終わった子供たちに残ったのは、、

「デメトの胸」と「王妃の解剖」

という記憶です。

あ、あと「クローン人間には生殖能力がないから安心」という知識も残ります。

素晴らしいですね。
これを読み終えて、世界史のテストで何点取れるのでしょうか。気になります。

しかしこれで終わりません。

二巻以降は、それ以上にインパクトがある、お色気で満載だったのです…!

続きはこちら! ⇒ 「後編」

「マンガで分かる心療内科」、バックナンバーはこちらです。↓