思いついたことは「全部」やれ!~ショットガン・アクション

マンガで分かる心療内科in秋葉原

思いついたことは「全部」やれ!~ショットガン・アクション

◆ 解説

まとめますと、

・とにかく思った行動は全部やれ

という話でした。
実際に

「僕は将来、小説家になりたいんです。だからどんな小説がヒットするか考えていて」
「いつか起業したいんです。そのためにどんな仕事がうまく行くか調査しているところで…」

という人はたくさんいます。

でもこれは、実はあまり良くありません。
結局、思考には限界があります。
どんなに必死に考えて、研究しつくしたように思えても、実際に予想通りになることなんて、ほとんどありません。

これは始めた後も同じで、たとえば一年後にこうなっているかな?こんなことが起こったら?ということは考えますが、たぶん一年後には、その想像もつかない状況になっていることもあるはずです。
もちろん思考がまったくムダとは言いませんが、とにかく行動した方が、ずっと状況はうまく進むのです。

ただここで「考えなしに大量の予算をかけて失敗したら?」という心配が浮かぶかもしれません。

個人的にオススメするのは「小さなギャンブル」こと「予算の低い勝負」をいくつもやること。
それなら失敗しても痛手ではありません。そして一つでもうまく行きそうなのがあれば、そこに予算や労力を投入すればいいのです。

覚えておいてくださいね。

ちなみにギャンブルで思い出しましたが、自分はラスベガスと韓国とオーストラリアのカジノに行き、そのどこでも負けました。
「あぁ、三回連続で負けるということは、もう自分はギャンブル無理だわ」と悟りました。
そのため以降、一般的なギャンブルはやっていません。
これはこれで良かった。早く気づけて良かった。

自分を必死に正当化しつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。