【ケガするたびに儲かる心理学テク】マンガで分かる心療内科・精神科in秋葉原・岩本町 第83回

マンガで分かる心療内科・精神科in秋葉原・岩本町

第83回「ケガするたびに儲かる心理学テク」











制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・毎日がゲームオーバー…Y


◆ 解説

今回の話、いかがでしたでしょうか。
まとめますと

・ピンチは「ゲーム」と言い換えること。
・ゲームのクリア条件は二つ。
・一つは「それを二度と起こさない、対策としての盾」
・もう一つは「そのエネルギーでさらにプラスになることを行うという剣」

という話でした。

話はややズレますが。
実際、ゲームにハマってしまう人は多いものです。
これはゲームが「ちょうど良い」からです。
ちょっとした困難に直面して、そして何か工夫や努力をすると勝てる。
この達成感の繰り返しが「快感」なのです。

実際、現実社会も結構そういう面はあると思うのですが、難易度があまりに高すぎたり、クリア方法があまりにややこしかったりするので、「現実はつらいけど、ゲームは楽しい」としてハマることが多いわけですね。

いずれにしても、現実で色々なことでくじけそうなときは、「ゲーム」として考えてみるのも手かもしれません。

ちなみに自分がUnityというソフトを使って半日で作ったゲームがこちらです。
ゲームにしたからといって必ずしも楽しいか分からなくなりつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

「マンガで分かる心療内科」が発売です!

そして「マンガで分かる心療内科 ~アドラー心理学編」が発売してます!

さらに!

「モテるマンガ」も発売です!

よろしければ、ぜひ!

マンガで分かる心療内科がついにアニメ化です!

総計300万部! 既刊もよろしければ!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。