【アルコール依存症の治療法~レグテクト】マンガで分かる心療内科・精神科in秋葉原・岩本町 第82回

マンガで分かる心療内科・精神科in秋葉原・岩本町

第82回「アルコール依存症の治療法~レグテクト」











制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・Hはハードの略だそうですよ…Y


◆ 解説

というわけで、アルコール依存症の話。
いかがでしたでしょうか。

このマンガの中では「依存症」として、一応の診断基準は掲載しているわけですが。

でも、あえて言います。

アルコールをほぼ毎日(週に5日以上など)飲んでいる人は、その時点でかなり危険です。
精神科医として断言します。

量が少ないから、と安心しないでください。

習慣的に飲酒をすることで、確実に依存は形成されていきます。

さらに言えば、毎日飲酒をしているということは、無意識に「ストレス」を強く感じ、そして「その解消のため」に、飲酒をしている可能性が大です。

解決手段がアルコールのみ、という危険性も高く、あまり放置しない方がいいのではないかと思います。

現在「アドラー心理学編」も掲載していますが、アドラー先生は「毎日やりがいをもって生活していない人ほどアルコールなどに逃げる」と言っています。

重ねて「毎日飲んでいる人は危険」です。覚えておいてください。

「いつでもやめられる」と思っているのなら、たとえば今から一週間でもやめてみてください。

それができないなら、あなたはすでに依存症の域に入っています。

やめるための方法としては、マンガに掲載された「レグテクト」という薬剤。

これは現状、アルコール依存症の治療としては第一選択となります。

あなたが自分の力でやめられない、と思うのなら、メンタル治療も一つの選択肢として存在する、と覚えておいてくださいね。

ちなみに自分はお酒に弱いのもあり、ほとんど飲みません。

………。

シラフで冒頭のネタとか考えてるんですよ。

より始末に悪いんですよ。人として。

色々と切ない気持ちに浸りまくりつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

そして「マンガで分かる心療内科 ~アドラー心理学編」が発売してます!

さらに!

「モテるマンガ」も発売です!

よろしければ、ぜひ!

マンガで分かる心療内科がついにアニメ化です!

総計300万部! 既刊もよろしければ!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。