【マンガ】糖質制限ダイエット第1回「えっ? 私の食べる糖質多すぎ!?」

 

マンガで分かる糖質制限

第1回「えっ? 私の食べる糖質、多すぎ!?」

 









(つづく)

ソウ

ソウ

マンガ
ゆうきゆう

ゆうきゆう

脚本・監督
@sinrinet


糖質制限ダイエットまとめて読みたい方はこちらから!

“マンガで分かる肉体改造 糖質制限編 (ヤングキングコミックス)"]>

単行本も出ております。

現在、秋葉原・上野・池袋・新宿・渋谷の心療内科・精神科 「ゆうメンタルクリニック」では、糖質制限の指導をしております。

(糖質制限の他、噛む訓練や、たんぱく質中心の食事などとあわせた、総合的な食事指導です)

どんな方も、ストレスなく満腹になるまでお腹いっぱい食べて、それでもダイエットができる食事方法です。

自分自身も実施した結果、体重が3ヶ月で75kg(BMI23)から66kg(BMI20)になりました。
またそれだけではありません。他、自分の体験したメリットとして、

・腹筋が割れる
・午後の眠気がなくなる
・それもあって、意識・集中力がずっと高いまま保たれる
・脂肪の減少と筋肉増加によって、長時間の運動をしても疲れにくくなる
・今まで汗をたくさんかいていたのが、かきづらくなる
・女の子に「ヤセたね!」と言われる
・でもだからといってモテモテになるわけではない

という、いいことがいっぱいありました。(ラスト以外)

いずれにしても、肉体的な意味では、ベストな状況です。
これが本来の自分自身の全力コンディションなんだ、と分かります。

実際、人類は700万年の歴史がありますが、麦や稲を作り、食べ始めたのは、ここ1万年ほどと言われています。
すなわち699万年のあいだ、今ほど「糖質」を摂らないで生きてきたのです。

古来からの人類にとっては、糖質は「ゼイタク品」でした。
何と食べると「脂肪」をたくわえることができるのです!

脂肪をたくわえれば、数日は食べなくても生きていられます。
実際、狩りをしても、毎日レギュラーに肉などが摂れるかどうかは分かりません。
今日食べられるかどうかも分からない、ギリギリで生きている人類にとっては、「脂肪をたくわえられる」というのは大切なことなのです。

しかし現在、農業も含めて文明が発達し、誰もが毎日、大量の糖質を食べられるようになりました。

それは確かに素晴らしいことですが、同時に「脂肪をたくわえすぎ」という悲劇も生んだのです。
また糖質の摂りすぎで「糖尿病」になる人も増えました。

ですのであえて!
逆に糖質をカットするのが「糖質制限」なのです。

言うまでもなく、原始時代と違って、現在は「たんぱく質」が、豊富に食べられる時代です。
毎日、その場で狩りをしなくても大丈夫なのです。
原始時代の人が、たんぱく質が摂れないときの予備として食べていた「糖質」を摂らずとも、生きていられる時代なのです。

さぁ、では具体的に、どのように糖質制限をし、たんぱく質中心の食事に切り替えていけばいいのでしょうか?

そのための手法を、ゆうメンタルクリニックで指導いたします。

お気軽にご連絡いただければ幸いです。

<池袋院> 03-5944-8883
<渋谷院> 03-5459-8885
<上野院> 03-6663-8813
<新宿院> 03-3342-6777
<秋葉原院>03-3863-8882

 

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました! 続きもお楽しみに!

–>


ゆうメンタルクリニック秋葉原院は、診察を『24時間・365日』受け付けております!
どんなお悩みも、お気軽にご相談ください。


受付予約

必須 初診・再診
必須 対象院

ご予約、お問い合わせを行いたい院をお選びください。

上野院渋谷院秋葉原院品川院銀座新橋院横浜院

池袋院のご予約はこちら

新宿院のご予約はこちら

必須 ご希望日
※選択できない日は休診です
必須 ご希望時間
必須 お名前
任意 ふりがな
必須 メールアドレス
任意 お電話番号
診察券番号(再診の方へ)
必須

(生年月日)
任意 希望医師(再診の方へ)
※初診の方は承っておりません


※ご希望医師が当日勤務の場合のみ承れます。
ただ不在の場合は、承ることはできません。
その場合も、ご連絡はできません。
任意 お悩みについて
残文字数: 250

docomo、au、softbank など各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メー ルが正しく届かないことがございます。

【代表的な携帯キャリアのメールアドレス】
@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@au.com、@softbank.ne.jp、@i.softbank.jp

お問い合わせへの返答にお時間がかかる場合もあります。
二日以内に返信がない場合はメールの不達が考えられます。
大変お手数ですが、お急ぎの場合にはお電話でお問い合わせください。