「しなかった後悔」は「した後悔」より強い。~マンガで読む心のクスリ

 マンガで読む心のクスリ(マンガで分かる心療内科in秋葉原)

「しなかった後悔」は「した後悔」より強い。

作画…長月みそかさん 原作…ゆうきゆう

今回の内容をまとめますと

・「しなかった後悔」は「した後悔」よりも強い

となります。
もちろんこの調査は「お土産」ではありますが、人生全般でも同じことが言えるのではないでしょうか。
マンガには恋愛でのたとえがありますが、仕事でも同じです。

「新しい仕事を起こしてみたい! いやでも失敗するかも…!?」

こんなときに「仕事をやってみた」場合、それがうまく行くこともあれば、行かないこともあるでしょう。
しかしうまく行かなくても「結果が分かる」ため、ある意味、スッキリします。
「挑戦したけど、ダメだったなぁ」と思えます。

しかし「その仕事をしない」場合。
エンドレスで「やっていたらどうなったんだろう」「うまく行ったかもしれない」「あぁ…でも…」なんて悩み続けることになります。するとどんどん時間も削られていきます。

また一度「やらない」クセがついてしまうと、その後にも「やらないでダラダラ悩む」という行動パターンになってしまいます。

そこから抜けだしていくためには、方法はたった一つ。「やること」だけです。

またあなたも、色々な状況で、選択について悩むこともあるかもしれません。

そんなときの正解はシンプルです。
「あなたが決めたこと」こそが、あなたの人生にとっての「最大の正解」。
そう思って、自信を持って進んでくださいね。

(完)

こちらのマンガの単行本も2017年内に発売予定だと思いますのでお楽しみに!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。