秋葉原から、秘密リゾートへ冒険に行った精神科医たち。

特別編です。
心療内科そのものとはまったく関係ありません。
気軽なコラムマンガとしてお楽しみください。

秋葉原から、世界へ冒険に行った精神科医たちの記録です。
今回は、ヌ一ディストリゾートに旅しています。この物語はフィクションです。

というわけで、秘密リゾートの話。いかがでしたでしょうか。

誰でも「人の心をのぞきたい」と思います。

実際、読心術の本はよく売れています。

自分自身も、そういう書籍を書かせていただいたことがありました。

しかしながら、分かるのは「傾向」まで。
「すべてを100%分かる」ことはできません。

そして「すべてを100%分かる」というのは、決して心地いいことではないのです。

「見えない部分」があるからこそ、人にたいして心が引かれ、「隠している部分」があるからこそ、安心を抱けるのかもしれません。

心理学では「ヤマアラシのジレンマ」という言葉があります。

ヤマアラシにはハリがあります。
そのため、近づきすぎると、お互いに刺さってしまい痛くなります。
しかし離れすぎると寒くなります。

そのため「寒くなく」「痛くない」という、適度な距離を保つことが大切なのです。

あなたも大切な人との関係性で「離れすぎず、近すぎていないか?」ということを考えてみてください。

それこそが、関係性をもっとも長続きさせるかもしれません。

自分でも、こんな真面目な結論になっていいのか迷いつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

最新の更新はTwitterで!