【喉元過ぎれば熱さを忘れる】秋葉原心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム

秋葉原心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム

喉元過ぎれば熱さを忘れる

こんな実験があります。

ケロッグ経営大学院の心理学者ロラン・ノルドグレンは、被験者をランダムに、以下のパターンに分けました。

A「お湯の中に腕を入れた状態」
B「氷水の中に腕を入れた状態」

さてこの状態で、被験者たちに

「冷凍室で五時間座り続けるのは、どれくらいつらいと思いますか?」

と聞きました。

その結果、どうなったと思いますでしょうか?

実はこのとき。

Bの人は「冷凍室のつらさ」を、Aの人よりも14%ほど強く見積もっていまし
た。

まぁ、当然です。
Bは実際に冷たい体験をしているわけですから。

「ブルブルブル…! 冷たいのって本当につらいつらい…!
氷水でこんなにつらいんだから、冷凍室に5時間なんて恐ろしい…!」

と考えた可能性があるわけです。

逆にAは、

「あぁ、お湯ってあったかいなぁ…。幸せ…!
なんか冷凍室で5時間っての、体験したことないけど、何とかなるんじゃね?」

と考えた可能性もあります。

ほんと「知らないって幸せ」ということが分かりますね。

そしてこの実験には、さらに続きがあります。

実験者は他の被験者たちを、もう一つのパターンにおきました。
それこそが

C「氷水の中に腕を入れさせ、出したあとに10分たった状態」

というもの。

そして同じく「冷凍室5時間」のつらさを判断させたのです。

このとき、どうなったと思いますでしょうか?
◆ 時間さえたてば。

実はこの場合、

A「お湯」

と同じくらい「つらくないんじゃない?」と判断したのです。
………。

すなわち結論はシンプルです。

「人間、どんなにつらくても、終わってしばらくすれば、忘れる」

ということ。

たった10分でも、それだけ戻るのです。
実際、お腹が痛くてたまらないときとか、

「あぁ神さまごめんなさい! もう真面目に生きます!
バストとか言いません!(ブルブルブル)」

みたいに思いますね。はい。

でも治ると

「神さま? 言ったっけそんなこと? バストバストバストォ!」

みたいに思ったりするものです。

これはこれで人生大丈夫か分かりませんけども。
◆ 人間の判断は、環境で変わる。

ですので「人の判断は環境に左右されやすい」ということを、覚えておいてください。

たとえば試験に落ちたり、恋人にフラれたりして、自信を喪失しているときは、
ちょっとした優しい言葉をかけられただけで「フラッ」と言ってしまいやすい
ものです。

その相手がいい人ならいいのですが、悪い人だったりすると「泣きっ面に蜂」
になります。

特に精神医学では、「うつ病」の人に「大きな決断はさせない」というセオリーがあります。

退職・転職・退学・離婚…

そんな大きな決断を、気持ちが落ちているときにしてしまうと、時間がたって
後悔することも多くなります。

とにかくショックなことがあったときは、決して大きな判断をせず「時間をたたせて、ゆっくり考える」ということを心がけてくださいね。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
● 今回のまとめ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

○ 人の判断は、環境に左右される。

○ そのため大変なことがあったときは、何かを即断しないこと。
◆ さいごに。

今回の話、いかがでしたでしょうか。

そしてもう一つ、大切なことがあります。

それこそが、

「どんな心情になっても、時間とともに、必ず変化していく」

ということ。

どんなことにも「永遠」がないのと同じく、人間の感情だって、ずっと続いて
いくわけではありません。

ですので心配しないでください。

あなたに何があっても、しばらくすれば大丈夫。

今はゆっくり、休んでもいいんですよ。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

「マンガで分かる心療内科」、バックナンバーはこちらです。↓